1. HOME
  2. ブログ
  3. 採用
  4. 就活生必見!?「これで完璧!就活と自己分析の関係性」

BLOG

ブログ

採用

就活生必見!?「これで完璧!就活と自己分析の関係性」


こんにちは!採用担当の本間です!

みなさん突然ですが「自己分析」ってちゃんとできていますか?

就活における自己分析とは、自分の経験をもとに自分の強み、弱みを整理したり、
どのような仕事であれば自分に適性があるかを探ったりすること。
つまり企業へ行う自己PRと、企業・職種選びの根本となる役割を担います。

自己分析は就活の方向を決定づける「方位磁針」のようなものであるため、
深くまで自己分析ができていれば取るべき行動は明確に見えてくるはずです。

逆に言えば自己分析がしっかりできずに、
会社になじめず早期退職、、、ということも珍しくありません。

とはいえ人生で初めての自己分析。
本当に正しい方法で分析できているか分からないという人もいるのではないでしょうか。
自己分析は「絶対的な正解」のない作業ですが「最適解」であれば導き出せます!


戦略的自己分析「Want」「Must」「Can」

今回こちらのブログでは数ある「自己分析」の中から、

「Want」 「Must」 「Can」を利用した、

戦略的にすすめられる自己分析の仕方をお教えします!!

キャリアを考える上で、

「自分のやりたいこと(Want)」

「社会から求められること(Must)」

「自分のできること(Can)」

この3つの要素は切っても切れない関係にあります。

例えば、

「どんなに社会から求められていること」で「自分ができること」だとしても、自分がやりたいことでなければ長続きしませんし、

「どんなにやりたいこと」で「社会から求められていること」でも、自分にそれを実行する能力がなければ叶えられません。

また、「どんなに自分がやりたくて」、「自分ができること」だったとしても社会から求められていなければ、その仕事は需要が少なく、満足のいく報酬が得られません。

したがって、良いキャリアとはこの3つが満たされている状態ということになります。

キャリアを考えるうえで必要な3つの要素

わかりやすくしたのがこの図です!
つまり、就職活動とはこの3つの円の重なったポイントを探ることが必要となるのです!

では、この重なっている領域をどう見つけ出すのか、そしてどの様な会社がその領域に含まれるのか具体的に考えていきましょう。


「Want」自分のやりたいこと

はじめにWantです!

これはひとことで「やりたいこと」です。

自分が将来どうありたいか、
こんな仕事をしてたい、仕事を通してこんなことを実現したい、
この人みたいになりたい、

そんな自分がありたい未来の状態です。

いきなり明確な答えが見つかるのは難しいです。

大切なのは自身のイメージを言葉にしてみることです。

多くの人はぼんやりと将来の理想像があるかと思います。

「幸せになりたい」とか「家族を大切にしたい」とか「お金持ちになりたい」など、

しかし、その理想像は曖昧なものでまだ明確にはなっていません。

では、どうしたら自分のイメージを具体化・明確化できるかというと、

言葉に落として考えることです。

人間は言葉に落とさないとなかなか考えることができません。

ぼんやりと自分の頭のなかにある自分の夢を言葉にしてみてください。

方法としては、まず、みなさんが将来やりたいことなど、思ったことをどんどん紙に書いてみましょう!


「Must」社会に求められること

続いてMustです!

これでひとことで言うと「求められること」です。

こちらは今後の労働市場であったり、
社会からのニーズ、将来的に必要になる資格などですね。

具体的にはいまでいうと「少子高齢化」「キャッシュレス化」などなど、
社会現象や社会問題も求められることに入ってきます。

最近だと「あおり運転」ですかね。

なのでその社会問題に合わせて、
「煽り運転防止グッズ」や「煽り運転自動通報システム導入車」を開発している会社とかだったらもしかしたら儲かるかもしれません。

そのようにこちらについては今後の労働市場、

自分の興味のある分野での情報を集めてください。


これからの社会で何が求められるのか、

どのような人が現代社会で価値が発生するのかを考えてみてください!


「Can」自分の出来ること

最後にCanです!

Canはひとことで「できること」です

いまの自分自身ができること、

得意なこと、持っているスキルや資格、経験などが、

こちらにあてはまります。

今度は自分の得意なことやスキル、今までの経験で培ってきたものを書き出してみよう。

まだまだ具体的なできることが少ないかもしれないですが、

学生時代に打ち込んだことや学んだこと、

他にも「誰とでも仲良くなれる」「集中力は誰にも負けない」「ひとつのことを長くつづけられる」「我慢強い」など、

自分の特性となる多くの“Can”を書き出してみてください!


「自己分析」のゴール

さいごに自己分析のゴールの話しをします。

何事にも目的のない行動は本質から離れてしまいます。

自己分析も同様、やるにあたって「この状態を目指す」という目的意識を持ってゴール地点を定めて取り組むことが重要です。

『自分の人生の「目的」と「手段」を知ること』を通して得られるものは人生規模で非常に有益なものですが、

それが就活の自己分析においては具体的に以下のような形でメリットをもたらします。

「就職の目的を定義できる」

「自分の入るべき企業がわかる」

「面接官に自分のことを伝えられるようになる」

逆に言えばこの3つを明確にしていないと、

就活を成功させることができません。その理由を説明していきます!


「就職の目的を定義できる」

就活の目的が定義できていないと、就活は成功しません。

なぜなら目的のないものに成功は存在しないからです。

就活を行っている学生の中には、就職に対し目的を設けずに、
目先の「内定の数」や「企業の有名さ」に惑わされてしまうことが多くあります。

しかし、そういったケースの殆どは就職後にギャップを感じ、就職への満足度が高くない状態になってしまいがちです。

「なぜ就職をするんですか?」

みんなはこの質問に対して明確な返答ができるでしょうか?

そもそも就職の目的とは自分の人生をより幸せなものにすることであるはずです。
つまり、「自分の幸せを手に入れるには”今”何をすればいいのか」

もっと言えばさきほど紙に書き出してもらった「やりたいこと」を叶えるための手段のために「就職」するのです。

就職というのはゴールではなく自分の人生の目的を叶えるための手段なんです。

なので自分の人生の目的が見えてくれば、就職というものが自分の人生にとってどのような存在なのか認識することができると思います!


「自分の入るべき企業がわかる」

次に二つ目の「自分の入るべき企業がわかる」

自分の就職の目的が明確になれば、自分がどのような企業に入ることが正解なのかわかるようになります。

例えば仕事をしながら絶対に続けていきたい趣味があるのであれば、勤務時間について重視するようになるし、

将来的になにか大きな目標があって、そこに近づく必要があるのであればスキルや関わるコミュニティについても考えながら会社を選ぶことができます。

他にも、なにか世の中に対して発信していきたい思いがあるのであればそこに深く共感できる会社である必要があるし、

自分の経験から学びを深めていきたいのであれば大きく責任を任せてくれる会社に入る必要があるかもしれません。

このように、人によって就職する目的は様々です。

就活のタイミングで就職の目的が明確になっていれば、自分の本当に入るべき企業を考えることができます。

就活において、自分が入るべき企業を考えることは自己分析における大きな目的の一つです!


「面接官に自分のことを伝えられるようになる」

さらに、自己分析を進めることで自分について面接官に伝えることができるようになります。

そもそも就活では面接官は、会話の中で就活生の何を見ているのでしょうか。

結論から言ってしまえば、それは「人間性」であるというのが一つの答えです。

就活という場では「ポテンシャル」が重要視されています。

ポテンシャルとは、入社後どれだけ伸びるかという可能性です。

入社後に伸びる人間を見極めるにあたって最も重要なのは、「どれだけ組織の風土にマッチングするか」にあります。

企業の文化や社風、目指している価値観や得られるスキル、用意されている職種やポストなど。

これが学生の価値観や人生観、身につけたいスキルや求めている労働条件にどれだけ結びついているかが非常に重要なのです。

つまり、さっきまで言っていた「自己分析で就職の目的」「自己分析で自分の入るべき企業」がわかっていて、

これが志望企業と合致していると伝えることができるようになれば、単純に選考においても大きな優位を得られるということなのです。

また、自分の人間性を理解していく上で、自分の長所や短所など、面説の際に聞かれることについても深掘りができます。

これをふまえると、やはり「面接官に自分のことを伝えられるようになること」も自己分析の大きなメリットの一つでしょう!!


最後に

この3つの状態を手に入れることを目的として自己分析を行う必要があることはわかったかと思いますが、その肝心の「自己分析のやり方」は無数にあります!

しかし、だからといって片っ端からいくつもやってみればいいというわけではありません。

自己分析で大事なのは広さではなく深さにあります。自分について深く考えなければ3つの状態は手に入らないからです。

なので自己分析をやったら満足ではなく、

その結果からどのような得意を伸ばせていけるのか、

この結果に至った自分の過去の経験はなんだったか、

その結果を深堀りできることはないか、

というように どんどんと結果を掘り下げていってください!

そしてプリマベーラでは、

自己分析の「最適解」を導き出す自己分析ツールとして、

「EG(エマジェネティックス)」というものを使った自己分析のインターンシップを開催しています!

詳しくはこちらをご覧ください!!!
https://team-prima.jp/eg-intern/

参加希望者はこちら!!!
⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓
https://forms.gle/q2N7Y65NrE277fy27
こちらの申し込みフォームから必須事項を記入の上申し込みお願いします!
申し込み後、詳細のご連絡をさせていただきます!!

【大宮開催】【※申し込み15日まで※】
日時:1月6日(月)13時~
会場:大宮ソニックシティ予定
参加費用:無料
参加定員:20名

自己分析を制する者が、

就活を制します!!

みなさんのご参加是非お待ちしております!!

関連記事