バスウォッチングとは?


株式会社プリマベーラが開催する「バスウォッチング」は「プリマベーラのパクリWalker」「仕組み化パクリWalker」と違い、見学する拠点の数が多く、より現場向けで小売業や同業種のお客様はもちろん異業種の会社さんも今日からパクれるネタを中心にご見学頂けるセミナーです。プリマベーラの書店業態・古着業態・インターネット部門・物流倉庫・本部を見学できます。

代表吉川充秀のメッセージ

お客様向けバスウォッチング開催にあたって
株式会社プリマベーラ 代表取締役 吉川充秀

社員、現場のスタッフに好評の社内の企画があります。

武蔵野さんの取組は、経営計画書にしろ、環境整備にしろ、導入するにあたり、現場の抵抗が少なからずあったものですが、この取組は、すんなりとそして、むしろ「面白そう」と受け入れられました。それが「バスウォッチング」です。

武蔵野さんのバスウォッチングに今から9年前にいって、「これは即自分の会社でも導入しよう」と幹部と二人で即決しました。そしてすぐに自社でバスをチャーターして開催してみたところ、大反響です。2008年に開催して、2017年まで毎年「プリマベーラ 春の遠足」として毎年5月に、全7日大型バスで、延べ300人で事業部の同じ店舗、違う店舗、整骨院、本部などを回るツアーを続けてきました。

社内で大人気だったのはいくつか理由があります。

さて、このバスウォッチング、社内で大人気だったのはいくつか理由があります。
1 他の店舗を見てみたい
本・DVDのA店のスタッフは、「めっちゃ売場のいいC店」のウワサをよく聞いています。そのお店、一度見てみたいと思っています。百聞は一見にしかずなのです。

そして、古着のドンドンダウンという店舗で働くスタッフは、古着のベクトルというネット専門古着ショップを見てみたいと思っているのです。大好きな古着を取り扱うお店で、どんな古着を取り扱っていて、どんな売場を作っているのかと。

2 他の店舗のいろんな人に会えて友達になれたりする
バスウォッチングでは、バスのなかでも、店長やスーパーバイザーそして社長の私が、各お店の解説をします。レジュメにもとづいて。なので、れっきとした勉強なのですが、そのお話以外の時間は自由、好きにしゃべってもいいし寝ていてもいいと言っています。すると、普段「日報でしか知らなかった別の店舗のスタッフ」と話をしたり、コミュニケーションがうまれます。そこから店舗を超えた協力体制や、場合によっては恋愛に発展することも・・・。そんなことで、うちのスタッフは楽しみにしています。

3 現場が何よりの勉強
私たちは成功事例をチャットワークでどんどん横展開したり、スーパーバイザーがある店舗の成功事例を自分の店舗にどんどん広げていきます。ところが、実際にその現場を自分の目で見てないスタッフの納得性は落ちます。それを、見に行く千載一遇のチャンスがこのバスウォッチングです。そして、「これは本当にすごい」とか「あ、自分のお店で困っていたことをこの店はこうやって解決しているんだ」これをぱくろうと、自分でテーマを見つけて自分で学んでいきます。

自分で①気付き②考え③行動し④反省する、という自分PDCAが起こります。これが人の成長に大きくつながります。バスウォッチングとはそういう場なのです。

4 各店舗同士が張り合う
プリマベーラでは、バスウォッチングもある仕組みを入れています。ただやらない。どうせやるなら、さらに成果が出るようにと。これはぜひ当日参加してお聞きください。すると、どの店舗もはりあって、「うちはこんなにすごい」「うちが一番と思われたい」と努力します。武蔵野さんに入ると外圧で、会社がよくなるという話を聞きますね?あれと同じで、バスウォッチングは、店舗の皆さんからすると、「外圧」なのです。

みんなくるから、いいところを見せないと、と思って改善が進み、環境整備が進みます。そして、自分の店舗への愛着も深くなるのです。

小売業でパクれるネタのオンパレードです。

さて、このバスウォッチングを社内でしていたら、どこから聞いたか社外のお客様から、「うちも参加したい」というお客様が増えてきました。とくに同業者の会社さん、小売業の会社さん、環境整備を導入している武蔵野の経営サポート会員企業の皆さんには大人気です。というのも、私たちのバスウォッチングは、「見所」を各店舗12ずつ作るのですが、その12は三つのテーマで構成されているからです。

1 物的環境整備ネタ
2 情報環境整備ネタ
3 マーケティングネタ(売場やポップ、販促など)

これを1店舗4つずつ、合計12個のネタを出します。社内向けのバスウォッチングでは、一度回ると15店舗ほど回るので、なんと180個のネタに出会えます。

すると社外のお客様でも毎年参加してくる会社さんがあって、「このバスウォッチングのテキストがうちの会社のテキストです」なんて言う会社さんも現れて、現場のテキストとして活用いただいたり、パクリネタとして活用いただいているようです。

さて、お客様を招き入れる今回のバスウォッチングでは、回る店舗は少ないですが、その分じっくりと、「なぜこの取組をしているのか」ということを1店舗最低12個、大小あわせれば100以上の改善事例をお話しします。業種業態を問わずマネできる事がたくさんです。

このバスウォッチングは、ずばり「安い」(笑)パクリネタがたくさんあって、それを親切に解説してあるレジュメがあって、なおかつ社長の私が解説しますので(笑)料金設定を間違えました(苦笑)今から上げようかな・・・。

現場向けの環境整備・成功事例をパクリたい方におすすめです。

さて、当社のバスウォッチングは、こんな社長と幹部にお勧めです。
「環境整備のレベルを一気にあげたい。現場向けの改善をいろいろ教えてくれるところに行ってどんどんぱくりたい。」

「最近、改善がマンネリ化されてしまって・・・。どこかで面白い取組をしている会社はないか。」

「環境整備だけじゃなくて、どうやって成果が出ているかというネタもほしい。同業種とわず異業種でも。異業種からぱくれば、自分の業界では一番になるから。」という意欲的な方。

「バスウォッチングでぱくることも興味があるが、これを仕組みとして自社のなかに取り入れたい。自社でマネするのに、役立つ会社はないかな・・・。」

ともあれ、このバスウォッチング、ぜひぜひお越しください。パクリネタの数だけで言ったら激安価格です。皆さんがここから10学び、10を横展開してみてください。会社が変わります!皆さんと出会えるのを楽しみに待っています♪

 物的環境整備・情報環境整備・売り場マーケティングのネタ等 

 100を超えるパクリどころを現実・現場・現物で御覧ください! 

参加されたお客様の声

  • 通常見ることが出来ない部分を見ることができ良かったです。買い物袋の印刷(宣伝)、のぼり旗の工夫は素晴らしいです。
  • どこの拠点を見学しても成果の出ていることや効率の上がることが横展開されていて凄いなと思った。
  • お店づくりPOPだけでなく、裏側(作業場)に感動した。
  • 全ての店舗で『色』での管理体制に素直に感動しました。

見学スケジュール

日程

2018年11月22日(木)

定員

25名(1社5名様まで)

参加費

30,000円(税抜き)

時間

12:00~16:30

集合場所

熊谷駅南口

お申込みはこちら





以下の項目にご記入頂き、内容を確認の後、メールをお送りください。
必須項目には必ずご記入頂く様お願い致します。

貴社名 (必須)

貴社住所:都道府県 (必須)

貴社住所:市区町村 (必須)

ご連絡担当者 (必須)

電話番号 (必須)

FAX(任意)

メールアドレス (必須)

参加人数 (必須)
  名【1名様30,000円(税抜き)】

参加日程 (必須)
  2018年11月22日(木)

お知りになった経緯 (必須)
  プリマベーラのHPやメルマガなどで知った武蔵野のHPやメルマガなどで知ったその他

ご質問 (任意)